イシガニはワタリガニの仲間で、北海道南部や東京湾、九州など様々な各地で獲れるお馴染みのカニです。

日本だけではなく、韓国や中国でも獲ることができます。

甲長10cmくらいなので、ワタリガニと比べるとこぶりです。

成熟したものは毛が抜けており、未成熟のものには毛が生えています。

タコ釣りの餌に使用されることが多いですが、普通に食べることも可能です。

サイズが小さく、甲羅も非常に硬いため、味噌汁の具に使われることが多いです。

茹でて食べると甘みがあり、ガザミよりも美味しいといわれています。

食べ応えよりも味を楽しむカニだと考えていいでしょう。

そして、自分で獲る場合はハサミに注意してください。

イシガニはとても気性が荒く、攻撃的なカニなので、捕獲方法を誤ると怪我をする可能性があります。

ハサミの力がとても強いですから、くれぐれも指を挟まれないように気をつけてください。

オスとメスの見分け方はふんどしの違いです。

ふんどしが半円形ならメス、交接器があるならオスです。