おせち料理というと、重箱に入った煮物や酢の物で、お正月に食べるものというイメージがありますよね。
でも、本来おせち料理というのは、お正月期間中にいただくメニューや献立全てを指すのだそうですよ。
なので、おとそがあって、お雑煮勝手、そして祝い肴があるのが元旦の朝のスタイルではないかと思いますが、このスタイルそのものがお節だったりなんかもする訳ですよ。
おまけに、元旦の朝ご飯をカレーやインスタントラーメンなどで済ませれば、それがその人のその年のおせち料理だという事にもなりかねませんね。
という事で、様々な起源に基づき発展した日本のお節ですが、今ではこうしたへりくつを言わせないようにするための対策でもあるのでしょう。
重箱に入ったお正月用の料理のみをお節と称するようになり、豪華三段重をはじめ、多種多様のおせち料理があります。
最近では、少人数の家庭用のシンプルな一段お重も人気ですが、こうしたお正月料理を重箱に詰めるのは、めでたさを積み重ねるという験担ぎから来た風習。
なので、やはり最低でも二段重ね位にしないと、おせち料理の意味と効力が半減してしまうかも知れませんね。

三つ肴

おせち料理は基本的に三つ肴や口取りとも呼ばれる祝い肴三種がメインだとされています。
そして、その中身はというと、煮物・酢の物・焼き物となる訳ですが、実はこのおせちの祝い肴三種、地方によって微妙に異なるんですよね。
例えば、関東では数の子・田作り・黒豆を上げる人が多いかと思いますが、関西では黒豆よりたたきごぼうが重要だったりなんかもします。
とは言え、関西にはやはり本場丹波の黒豆がある以上、やっぱり煮豆もおせちには欠かせません。
という事で、実際には数の子・田作り・たたきごぼう・黒豆の祝い肴四種が必要不可欠だったりなんかする訳です。
他にも、関東・関西を問わず、栗きんとんはおせち料理の超人気メニュー。
おまけに、関東では田作りと呼ばれるちっちゃなカタクチイワシの炒り煮、あれは関西では「ごまめ」と言います。
また、睨み鯛と呼ばれる鯛の塩焼きが一際目立っているのも関西風おせち料理の大きな特徴。
あの鯛は、ずっとお正月の間にらみつけていてもらうのが役割で、食べちゃいけないんですよね。
さらに、北海道や東北では、元旦の朝ではなく、大晦日の夜におせち料理を食べる習慣のある地域も少なくないようです。
正しく所変わればなんとかというやつで、まあ旅行先ならそれなりに一般的な慣わしを重きにおいてくれるでしょうし、いろいろ教えてもくれるでしょう。
けれど、嫁ぎ先の田舎や親戚の家ではそうもいかない事もありますから、やはりこうした地方独特のおせちの風習というのは勉強しておいたほうがいいでしょうね。

おせち料理は、元々主婦がお正月くらいはのんびり休めるようにというところから生まれたものだという事をよく聞きます。
確かに、昔ながらのおせち料理の中身は、煮物や酢の物、それに乾物が主流で、いかにも日持ちしそうな気がします。
けれど、実際には、台所にいらっしゃる火の神様を起こさないようにするために、お正月中は炊事を避けるところから考え出されたものだとされています。
とは言え、まあ結局は、炊事をしないという事は、主婦の仕事が大幅に軽減される訳ですから、多くの人が思っているおせち料理の意味合いに間違いはないのでしょう。
おまけに、今のように市販のお節料理を購入する時代になれば、尚更の事です。
という事で、いよいよ今年も始まったおせち商戦、そろそろブログやサイトで情報収集した方が良さそうですね。